見えないところから蝕まれる危険!羽アリはすぐに退治しよう

害獣の被害を防ぐには

作業員

プロに頼んで迅速解決

人間とその他の動物とは仲良く共存し合うのが理想ですが、時には環境の変化、特に宅地開発によって野生動物が害獣となってしまうことがあります。こうした害獣化の具体例としては、イタチ・アライグマ・ハクビシンなどがあります。いずれも中型の哺乳類で、通常であれば山林などに生息しています。しかし開発によって住む場所を追われたりエサが少なくなったりすると、住宅街に出没して人家の屋根裏などをねぐらに定め、糞尿や騒音などの被害をもたらします。こうした被害をなくすには、害獣駆除を行うほかはありません。放置しておくと大切な財産である住まいが傷んでしまうだけでなく、近隣にも迷惑が及ぶおそれがあります。害獣駆除を行うに際しては、気をつけるべきことがいくつかあります。まず大事なのは、駆除すべき動物が鳥獣保護法等の法律によって保護の対象となっていないかどうかを調べることです。保護動物の場合はむやみに捕獲することが許されず、自治体等の許可を得る必要があります。他に気をつけるべき点としては、再侵入対策があります。せっかく駆除に成功しても、油断していると今度は別の個体が同じ侵入経路を通って敷地内や住宅内に入り込んでくることがあります。穴やすき間をふさぐ、フェンスなどで囲うといった施工が必要になります。こうした点を考え合わせると、害獣駆除は専門の駆除業者に依頼するのが得策です。素人では侵入経路を特定したりするのは困難ですし、そもそも相手はすばしこい動物ですから捕まえること自体容易ではありません。実績のある害獣駆除業者ならノウハウを持っているので、行政への諸手続きも代行してもらえます。